FC2ブログ


今日、言葉の怖さというものを改めて実感した。

己自身が発する一言。

ほんの些細なことでも、大きなことでも、それは力を持っているのだと。

一言だけで、人を勇気付けられれば、その一言で、人を絶望の淵へと追いやる。

人をすくえる道具であり、人を絶望の淵へと追いやる凶器。

己の言葉は前者であってほしいと、願う・・・。
2006.09.03 Sun l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲


ぼーっとした、ニュートラルな頭のまま目を覚ます。

部屋はまだ薄暗く、カーテンの隙間から光が漏れるくらい。

そのカーテンにゆっくりと、手を伸ばし、ゆっくりと開けていく。

徐々にこぼれる出てくる光。全て開けたとき、部屋には眩しいくらいにいっぱいの日の光と、

窓の外には大きな青空が広がっていた。



―やっ、また会えたね。―

2006.08.03 Thu l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲


未完成な身体。

未完成な心。

未完成な感覚。

未完成な技能。

未完成な抵抗。

未完成な・・・自分。

未完成。それは全てにあてはまるものであり、全てである。

完成はいつ来るのか、何処で手に入れられるのか、何処に導かれるのか・・・。そんなことを考えながら、自分探しの旅は続いていく。

2006.08.03 Thu l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲


明日・・・。

明日という言葉は好きなときもあれば、嫌いなときもある。

それは、嬉しいことが待っているから、嫌なことが待っているから。

でも・・・それでも明日は・・・やってくる。

どんなことがあろうとも、時はゆっくりと、しかし確実に進んで行く。

そして、明日がやってくる。

明日の空が快晴であることを・・・切に願う・・・。

2006.07.23 Sun l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲


―離した僕の手は何処にしまう―

―気づけば君が離れてしまう・・・―

最近聞いた歌詞の中で一番印象に残ったフレーズ。

この歌詞を聴くと、今の自分の不甲斐なさが滲み出て、自分という人間を隠したくなる。

気持ちに答えてあげられない自分が、とても卑怯に見えてくる・・・。

臆病な自分がそこにいて、人を傷付けている自分がいる・・・。

でも・・・、でも今は・・・そうすることしかできない・・・・・。

―この悩みすら君には言えないか・・・―
2006.07.21 Fri l 未分類 l COM(1) TB(0) l top ▲